Education

記事一覧

予備校で学ぶ

予備校というと大学受験のために通うというイメージがとても強いのですが、実は資格取得のためにも通うことがあります。資格は保育士や土地家屋調査士など色んなものがあります。

Read More

資格取得を目指して

資格を取得しておくことによって就職へ有利に働けます。保育士の資格取得を目指すならこちらを参考にしてみませんか?

効率的な勉強方法とは

サラリーマンとして働きながら土地家屋調査士を目指す場合には、効率的な学習をする必要があります。無駄な時間を過ごすことができません。そのためにはどうしたらよいのでしょうか。まずは、学習計画を立ててください。最初に考えなければならない事は、土地家屋調査士の資格試験はいつあるかということです。そのスケジュールを押さえてから、逆算して何が必要なのかを考えるようにしてください。資格試験まで時間がないようであれば、その範囲内でできることを行ってください。例えば、数ヶ月しか時間がない場合には過去問題集を最優先すると良いでしょう。過去問題集は最良のテキストにもなります。時間がなければ過去問題集だけでも仕上げるようにしましょう。

自分で学習するための費用

働きながら土地家屋調査士資格を目指す場合には独学で学習することをお勧めします。その理由は、自分の空いている時間に学習をすることができるからです。働いているとなかなか自分の時間を取ることができません。突発的な残業なども発生してしまうかもしれません。そのような不規則な生活の中であっても独学であれば自分の空いている時間に勉強することが可能になるのです。それでは、この自分で勉強する方法はどのくらいの費用がかかるのでしょうか。土地家屋調査士資格のテキストや問題集は数千円で購入することができます。したがって、独学で学習する場合には数千円のコストで済ませることができるのです。コストを抑えたい場合にも独学が有効です。

記事一覧

費用と勉強方法

土地家屋調査士や保育士など色んな資格を取得するにも今では予備校に通うことが多く見られます。この場合気になるのが費用ですが、年間で数十万円の費用が掛かるということが言われています。

Read More

情報を集める

会社に勤めながら土地家屋調査士の資格を目指す場合には、勉強する方法を選びましょう。その資格を取得するために必要な情報を集めていくことで、どういうふうに勉強を進めていけばいいか、おのずと明らかになっていくでしょう。

Read More

FOOT MENU

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright© 2015 土地家屋調査士を目指す学習法[家屋資格獲得への道] All Rights Reserved.